阿佐ヶ谷飲み会。


昨日、ライターの石田ゆうすけさんのお誘いで、ゆうすけさんの
ご友人である漫画家の神尾葉子さんと一緒に阿佐ヶ谷でお食事にいってきました。

ゆうすけさんは自転車で世界一周した体験を元に「行かずに死ねるか!」という
痛快な冒険作を書いた人物で、現在は小説を執筆中のライターの方です。
ご友人の神尾葉子さんは「花より男子」という少女漫画を描いた方で、残念ながら僕は一作も読んでないので名前くらいしか知りませんでしたが、初対面の印象は実に気さくで漫画家業を22年も続けられているとは思えないほど綺麗で素敵な女性でした。

19時に阿佐ヶ谷駅で待ち合わせしていますと、ゆうすけさんがひょっこり現れて
「よう!今日は変態居酒屋にいくぞ!」
と言うではありませんか。

変態居酒屋??

案内されるままに辿り着き、店内に入るとなるほど一目で納得。インテリアが変態です
鎧兜が脈絡無く飾られてあり、見たことも無いようなカエルがたくさん泳ぐ水槽がいくつもいくつも並んでおり、凧が連なって天井を埋め尽くし、飾られたシュールな絵画がまた洋だか和だかわからなくなる店内で、極めつけは何故か一人で永延しゃべり続ける喜劇役者のようなハイテンション親父(店長)。

とりあえずビールを乾杯して近況など語っていると、神尾さんが来られました。
本当にとても丁寧に挨拶してくださり、気さくでおっとりされており、初対面だというのにすごく親しみを感じました。(←一方的に
お会いする前は「漫画喫茶ででも行って事前に作品読んどいたほうがいいかなぁ」なんて思っていましたが、特にそういう話になるでもなく、文学談義に華が咲いたりしました。
唯一漫画の話で、「浦沢さんの映画的演出の巧みさや井上さんの描画能力は神」という点が僕と一致したのが嬉しかったです。
一応作品ファイルを持っていき、見てもらったのですが「可愛いですねぇ」とこれまた丁寧に最後まで見てくださり、褒めてくれたのも励みになりました。

いろいろ面白い話を伺ったのですが、あまり飲み会での会話内容をウェブにペラペラ語るのも悪趣味なので控えます。実に楽しい5時間でした。
こういう機会を下さったゆうすけさんに感謝です!

あと、この変態居酒屋、実に良心的な価格設定で且つ美味い。
店の正式名称を忘れちゃったのですが、道はたぶん覚えてるので、また是非足を運ぼうと思います。
オススメですよ阿佐ヶ谷の変態居酒屋。(←わからんて)

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター