ニュース用イラスト制作の裏話。


今日は晴れたり降ったりまた晴れたり、なんだか忙しいお天気の和歌山です。
まさに女心と秋の空・・・(遠い目)
そんな話はさておき、昨日、「朝ズバッ!」用に家政婦さんが勤務先から金の延べ棒を泥棒して売ったお金で豪邸を建てたけどすぐ捕まったという三面ニュースのイラストを描きましたのでココでそのプロセスなどの裏話を紹介したいと思います。
ニュース用イラストの依頼はいつも急です。昨日も仕事を終えて本屋さんでギターのスコアを物色していた午後7時に携帯の振動。

「榎本さん、急ぎで悪いんだけど、明日放送用にいまから7枚頼める?!」
「はい!大丈夫ですよ~!」

(7枚か・・・今から帰って特急で取り掛かったとしても、1枚1時間として最終アップが午前2時半・・・。)

「なるべく早くでおねがい!」
「はい!わっかりました~!」

プ。携帯を切ってダッシュで車に乗り込み帰宅。FAXを確認して電話で打ち合わせ、描画作業に取り掛かったのが7時半。そこからは集中作業の休憩無し。途中で電話があり、

「ごめん!榎本さん、取材したら延べ棒見せたのおじいさんじゃなくておばあさんだわ。2枚目変更お願い!」
「了解です!」
コピー用紙に大まかのラフをシャーペンで描く。電車の中などで普段から人間観察をしておけばこのように急に「84歳のおばあさん」を描くとき老人が着ている服などの情報が頭の中にある程度ストックされるので、今回はそれを使用。豪邸のイメージも頭に思い浮かんだ建物をさっと描く。資料無し。
納品した画像データは担当者の目を通った後、デザイン室に運ばれ、プリントアウトされる。それを元にカメラを回してニュース用VTRが作られる。が、カメラマンが深夜帰ってしまって居なくなることが多いので「もうちょっとで絵があがるから、待っててくれる?」と頼まないといけないこともしばしばあるという。カメラマンさんの為にも早く仕上げなきゃ!という思いもこみあげてくる。
午前1時に全て描画完了。psdデータを圧縮してwebにアップして納品。直接アクセスするURLをメールで送り、その旨電話で伝えて仕事完了。思ったより早かったので喜んでもらえました。しかし疲れた~。

目覚ましをセットして寝ようと思うのですが、ついさっきまで集中していたからかなかなか寝付けません。結局3時くらいに就寝。5時半に目覚めて「朝ズバッ!」の放送確認をします。自分が創造したものがどんなカタチで世に出たのかを確かめるのはクリエーターの務めだと思うので眠くても見ます。あー出てきた。うんうんいい感じ。
放送確認したら今度は目覚ましをセットせずに二度寝。
今日起きたら13時半でした。ぎゃー!寝すぎた!反省!

以上、ニュース用イラスト制作の裏話でした。(たいした話じゃなかったですネ)

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター