最近気づいたちょっと良いこと。


上京して10ヶ月間も気づかなかったことがありました。

先日、引きこもってばかりいると精神衛生上よろしくないのでたまには外出せねば、と吉祥寺に足を運びました。いつも通り中央口を出て北のサンロードというアーケード街へくりだし、ぶらぶらと特に目的なく、本屋さんに寄ったり306やTAKA-Qなどでショッピングをしていました。全然関係ないのですが、以前日本語の達者なカナダ人の友人R君とお茶をしていた際、「和製英語にはずいぶん慣れたけど、ショッピングだけは馴染めない。ingは動詞につけるモノなのに、ショップにingって!聞くたびに違和感があります」と聞いて、なるほどそうだなぁと深く首肯してから「ショッピング」という言葉を使うたびにそのことを思い出すのでした。

二、三着衝動買いしたあたりで、携帯が振動。テレビ局から「すぐ描いて欲しいのがあるんだけど」とのこと。いつものように快諾し、今来た道をまた駅まで逆戻りです。吉祥寺はいつも人が多いけど、不思議と新宿のように不快な思いがしません。全体的にはこじんまりとした街だからでしょうか。まもなく夕焼けが街を染める時間、僕は中央線快速立川行きに乗りました。電車はそこそこ混んでいて、僕は奥のドアの前に陣取り、持ってきた文庫本には手をつけず、ただボーっと流れる景色を窓越しに見ていたら、不意に気づきました。

「あ!あれは!」

夕日がオレンジに染める西の空、はっきりとした稜線を描いて富士山が大きく見えていました。夕日の影になっていたからあそこまではっきりと見えたのかもしれません。そして異様に大きく近く感じました。他の山々の上に頂上が見える程度でしたが、あんな美しい稜線の山は富士山以外考えられません。僕はやがて分譲地の高層マンションがそれを隠すまでじっと眺めていました。

部屋に戻るとFAXが届いていました。仕事の指示でしょう。けれど僕はまずPCを立ち上げ、ネットで地図を確認しました。中央線立川行き、進行方向の左手、つまり西南方向を見ると、丹沢山、大室山があり、その向こうにどおんと大きく富士山が描かれていました。やっぱり!間違いなかった。10ヶ月間も気づかなかったけど、僕は富士山の見える街に暮らしているんだなぁ。そう思うとなんだか嬉しく、妙にわくわくしたものを感じました。なにが変わるわけでもないのですが。

いや、ひとつ変わったことがあります。武蔵小金井の西友のビルの6、7階に上ったとき、南向きの壁に非常口の小さい窓がありまして、そこから覗くと晴れた日には綺麗に雪化粧された富士山がみられることを発見し、西友7階のダイソーにお買い物にいくときのささやかな楽しみになっているのでした。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター