書籍が出版されました。


永岡書店さんから先日、「スラスラ書ける読書感想文」という書籍が出版されました。小学校低学年、中学年、高学年用の三冊に分かれており、表紙を含め、イラスト全般を僕が担当しました。かなりの点数で、かつタイトな締め切りに、先月この仕事をしていたときはなかなかの忙殺ぶりで大変でしたが、こうして現物を手に取るとやってよかったなぁと思います。小学生のお子さんをお持ちの方は是非書店でお見かけの際、手に取ってください。

昨日はニュースの仕事で徹夜してましたが、ここにきてやっと仕事が一段落した感じです。今回の繁忙期も長かったなぁーと振り返って描いてきたイラストたちを眺めながらほっとため息をつきました。寝なければならないのですが、不思議と眠くなく、不眠症というほど大げさではないけれど、ちょっと健康に気を使わないなと思います。

その前に気分をリフレッシュ!と思い、車で10分たらずの映画館にいって上映終了間際の「ランボー最後の戦場」を見てきました。いやはや、実にランボーでした。
戦争映画大好きっ子の僕としては20年ぶりのランボー大活躍に血沸き肉踊らざるを得ません。ベトナム戦争の英雄ランボーはタイ北部で隠居生活をし、客を送り届けるボート屋さんを営んでいるのですが、ふとしたことからミャンマー(ビルマ)への危険な旅に巻き込まれます。タイ北部のミャンマー国境付近って・・・またそんな危険そうなところで隠居してるのも実にランボーですね。

ミャンマーは数十年間続く軍事政権が勝手に名乗った国名で、その非人道的政権への国際的非難から、旧国名であるビルマで呼ばれることが多いのですが、日本ではミャンマーを正式国名としているため、劇中で「Burma」という台詞が全て字幕で「ミャンマー」となっているあたりも注目すべきですが、どぎついのはミャンマー軍事政権の悪逆非道っぷり。1mmたりとも同情の余地のない鬼畜集団として描かれています。「007ダイ・アナザー・デイ」に描かれる北朝鮮がかわいく思えるほどです。

そんな悪いやつらを弓矢片手にばったばったと倒していく我らが 怪物 英雄、ランボー。至近距離でマシンガンをぶっぱなすシーンなどは手足や胴体が、「機関銃といえども、こうも人体が損傷するか?」と疑問が沸くほどにバラッバラになりますから、そういうのが苦手な人以外で古き良きヒロイズムと日本においては非現実極まるカタルシスを味わいたい方々にはオススメできる映画でした。

サイクロンの被災者が、どうしようもないくらい放置されている現状や、救援物資などが軍部によって横流しされている事実は事実として知り考える必要がありますが、ミャンマーの問題について語るとき、本作が一切なんの参考にもならないことを一応言っておきたいと思います。(あくまで娯楽映画ですからネ)あ、サイクロンで思い出しましたが、被災者への支援金を募集する内容のチラシが新聞に織り込まれていることがありますが、真っ赤な偽物が横行しているニュースのイラストを先日朝のニュース用に描きました。これも新手の振り込め詐欺と言っていいと思います。人が人を思いやる気持ちを、詐欺に利用するこれらの卑劣極まるやり口には、本当に怒りを覚えます。連絡先などが架空のことが多いですので、皆さんもお気をつけください。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター