【日記】初めての温泉旅行。


仕事に忙殺されている間に、気付けば32歳。
お祝いのメッセージを下さった方々、ありがとうございました。
やっと落ち着いてきたので、御礼が言えます。

さて、もうずいぶん前になるのですが、先月23日、南紀白浜に温泉旅行に行ってきました。母親をつれて愛車マーチで高速を南下すること1時間。白浜も近くなったものです。
まずは和歌山人なら知らない人は居ない海鮮料理の大市場「とれとれ市場」に足を運び、海鮮丼に舌鼓。その後アドベンチャーワールドへ行ってイルカショーやアシカショー、サファリパークなどを堪能してから温泉ホテルへと向かいました。アドベンチャーワールドでは平日ということもあり、乗り物や話題のパンダの子供を見るのも全く並ぶ必要なくいい席を確保できたりとよかったのですが、閑散とした雰囲気に微妙な居心地の悪さを感じたことと、突然の猛吹雪で凍えそうだったことを除けばとても楽しかったです。
母親は温泉もホテルもアドベンチャーワールドも初体験。日ごろの祖母の介護の疲れを少しでも癒せればと思って企画した今回の温泉旅行でしたが、たいそう喜んでくれてよかったです。ホテルの会席料理も美味しかったし、ついでだからと初エステも体験してもらいました。「顔がつるつるになったわ!」と喜ぶ母をみると、びっくりするほど小顔に変身しており、さすがとプロの技を実感しました。肝心の温泉では、「女性のほうが長湯だろう」と思い込み、ゆっくり浸かっていたら、母はそうそうに出て長らく僕を待っていたそうで、すっかり湯冷めしてしもたわとぐちぐち言われるハメになりましたが、それも一興。室内風呂と露天風呂があったので、僕は長く楽しめたのに、何故母は早くでてきたのだろうと思い聞いてみると、「ああ、外にも風呂あったわな。まあ、別に・・・ええわ」と意外なほどに興味薄。あっれー?絶対喜ぶと思って露天風呂のホテルにしたんだけど。親孝行もなかなか難しいモノですネ。

翌日、は白浜の観光地といえばはずせない「三段壁洞窟」や「円月島」、「千畳敷き」をみて回りました。電車とマイカーどちらにしようか迷ってましたが、マイカーにしてよかったです。好きな時間に好きなだけ居られますから。
しかし、僕は和歌山で32年生きてきて、この南紀白浜をほとんど知らなかったんだなぁと改めて思いました。温泉街がこんな近くにあるのに、初めて足を踏み入れましたし、パンダにもお初にお目にかかりました。いやー愛らしい生き物ですね。実際に目の当たりにするに至り、初めて白と黒、というよりは、うす茶色と黒、というカラーリングの生き物であることを知りました。可愛い顔して結構ドロドロです、彼奴ら。

帰りの車中、出発前日にツタヤで借りた母親の青春時代の曲を掛けていると、母親は終始ご機嫌でしたが、家に近づくにつれて見る見るテンションダウン。「明日からはいつも通りやな・・・」とポツリと呟く横顔には一抹の寂しさを禁じえませんでした。今まではいろいろと余裕がなかったけれど、これからは数ヶ月に一度、こういう旅行を計画しようと思いました。城崎、鳥羽、近畿だけでもまだまだいろいろあります。祖母はもう動くことができないけれど、母はまだ動ける。動けるうちに、つれてってあげたいと思います。後悔の無いように。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

>monkeyhannerさん
承認制にしたらコメントあるかどうかがわかりづらくなってました!!
返事遅くなって失礼しましたです。。m(__)m
和歌山いいところですよ~
海のモノがウマイですよ~^^

No title

お。何気に和歌山良いところっぽい…。
いつかは遊びに行きたいですねえ。

それにしても、きちんと親孝行できてていいなあ。
プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター