【日記】東京事務所の制作環境ご紹介。

事務所全景

今日は僕の東京の仕事部屋を紹介しようと思います。
仕事部屋というかほとんど居住空間、生息領域と定義したほうがしっくりくるという、
たった6畳の空間ですが一日の大半を過ごしている場所となります。

モニターアップ

デスクはL字に配置していまして、一つはパソコン専用です。
正面にモニタが4つドーンと設置していて、真ん中と上のが24インチ、右端が20.1インチ、
左端は19インチで普通のテレビです。つまりパソコンはトリプルモニタ。
真ん中がPhotoshopなどのメイン作業で、右側と上のはwebを表示したりフォルダを管理したり、
といった用途分けをしています。
取材で来られた方に「デイトレーダーもやってるんですか?!」なんて言われたことがありますが、
モニタの広さは机の広さと同じで、ある程度広いほうが絶対作業効率良いのでこうしてるんですね。
なのでたまにノートPCで仕事をすると窮屈感がハンパ無いです。

キーボードを載せている棚は自作のスライド棚。300mmほど引き出せる仕様です。
イスのアームレストと高さがリンクしているほうが腕の疲労軽減できてよいのです。
初めはホームセンターで購入した引き出し用レールを使ってたのですが、
通販でみつけたアキュライドのスライドレールに変えたらスムーズさが飛躍的に増しました。
こういうDIYが大好きです。

インティオス3

絵描きならほぼ常識のペンタブレット。wacomのIntuos3です。
6年ほど使ってますが不調になったことがないスグレモノ。
キーボードの手前に設置する方が多いようですが、僕は横のほうが断然使いやすい。
右腕を前に出した時に自然とそこにある配置だから手のストロークが最小ですむんですね。
そのかわりタブレット上でマウスを使わざるを得ないというデメリットもあるのですが・・。

タブレットペンはチャイハネで見つけた木製のお香台に載せてます。
どうもペンを立てておく保管方法が気に入らなくて、いろいろ探してたのですが
ちょうどいいサイズのが見つかってよかったです。しかしお香台から見つかるとは。

タブレット上のグレーのバーはキーボード用のリストレスト
こんなとこにあったら邪魔じゃね?と思われるかもですが、意外と問題なく作業でき、
手首の疲労軽減に大いに役立ってます。激務が続くとよく手首の関節痛に悩まされていたのですが
これを導入してから一気に解決しました。

g13.jpg

キーボードの反対側にあるのはLogicoolのG-13と呼ばれる左手用デバイス。
もともとゲームプレイ用に開発されたものですが、数多いキーボードには
自由にショートカットが設定できて、画像ソフトを使用する際にとても便利なのです。
他にはセルシスのTab-Mateなんかもたまに使いますが、G-13が一番良いですね。
左に見えるのはテレビのリモコン。
REGZAはどの機種もリモコンの形がシンプルで使いやすいので好きです。

デスク

もうひとつのデスクはアナログ作業専用です。
下絵や水彩作業などもここで行います。真ん中の白い台はB4サイズのトレース台
かれこれ10年くらい使ってますが故障せず現役です。
卓上のウクレレはたまに弾いてます。ギターに比べてコードが簡単でいいですね。
右のプリンター・スキャナー複合機はCanonのMG6130
発色良し、スピード良しと文句のない性能ですがインク代が高いです・・・。

ロックマン

卓上には青い守護神、ロックマン。徹底して青色を排除したインテリアの中では異色の存在です。
今か今かとチャージショットのエネルギーを貯めてます。(打たれてどうする) 
奥のヤシの実のカップにはのど飴が入ってます。

アーロンチェア

イスはハーマンミラー社のアーロンチェアを使用。
もともとヘッドレストが無いイスなのですが、やっぱりあったほうがいいなと思い、
アメリカから輸入。しかしどうも気に入らず、結局自分の頭の形に合うように自作しました。
これで上のモニターを見るときも首の疲れを感じなくなりました。
長い作業時間を考えると、こういう疲労軽減のための工夫は怠ってはならないと思うので
できる範囲で合理化を進めていくというやり方です。

本棚

部屋の右側には本棚と来客用イス。本棚はどうしてもごちゃごちゃしてしまい、
部屋の色彩が混沌としてしまうため、最近DIYでモザイク風のフタを作ってみました。

本棚正面

正面から見るとこんな感じ。結構お気に入りです。下段3つは引き出しにしました。

自転車

本棚左のカラーボックス上部は数少ないおしゃれゾーン。
自転車のブリキは結婚式の時にバリ島でみつけてきた思い出の品です。
ビンタンとかシンハービールの空瓶並べておしゃれとか言われても・・という感じもしますが
ためしに置いてみたら東南アジアの空気感が増したので僕的にはアリです。

壁絵

壁には先日、植田言志さんの個展を見に行った時に衝動買いした風景画を掛けてます。
ボールペンと水彩で描かれたそうで、どこかムーミン屋敷を彷彿させる造形がいいですね。
写真じゃわかりづらいですが、額も手作りされていて、斬新な作りになっています。

カバン等

本棚まわりのアイテムたちいろいろ。左上のネコ人形はバリ島のキャラクターで
幸せを運ぶネコだそうですよ。中上のカバンはHERZ(ヘルツ)のレザーバッグ。
天然タンニンでなめした牛革の質感がとてもよく、リュックとしても使えてお気に入り。
右上は手作りの本棚フタです。MDF板を加工して作りました。
サイズがぴったりではめ込むとサクっとはまり気持ちがいいです。

左下はユーラシアトランク。こちらは豚革ですね。きれいに染まっていて良いですが
水には弱く、雨の日は使えないのがネックです。
ノートPCやペンタブレットなどを入れてノマドするときに使います。
中下はコーヒーミル。インテリアとして飾っているのですが、妻いわくは
キッチン用品が本棚にあるのは変」とのこと。それもそうですね。(反論できず)
右下はアルフォンス・ミュシャの絵。好きなんです、ミュシャ。

モーリス他

デスクと向かい側の壁にはアコースティックギターです。
高校の時、ガソリンスタンドでバイトして買ったMorris。もう19年弾いてます。
右上は最近購入した鳥の巣風時計。なかなかいい雰囲気だしてます。
右下のは延長コードスイッチです。間接照明をひとつひとつ電源いれなくても
これを踏めば一気に付くという優れものアイデア商品。スイッチがフット式なのもグッド。

薬箱他

左上のはドア横に掛けてある鏡。
蝶の壁飾りは気に入ってるのですが、妻からは「なんか蛾みたい」と言われてます。
右上はモービル。動物たちがゆらゆら動いて優雅な感じ。
モービル好きなんですけど、雑貨屋さんに行ってもあんまり種類ないんですよね。
左下はiPhoneとiPadケース。これもアンティークな雰囲気で気に入って統一してるんですが、人からは
そういう柄のバッグ、昔流行ったよね」なんて言われたり。うっせー流行りなんてどうでもいいのだ!
右下はドラクエの宝箱のようなボックスで形がかなりお気に入り。薬箱として使ってます。
勇者が開けたら「かっこんとう を てにいれた」となる仕様です。

全景

さて、大体こんな感じでしょうか。
この決して広くない細長い空間がほぼ今の僕の全てです。ここで暮らしてます。
ちょっと紹介するつもりで書き始めましたがこんなに長くなるとは。

誰がアラフォー男のプライベート空間についてこんな詳細知りたがるんだという疑問はさておき
たまにはこんな記事もいいかなと思いブログネタにしてみました。
僕自身が人の作業部屋をみるの好きなので、ならまず自分がオープンにしようと思いもありまして。
そんなわけで、もし何かの参考になりましたら幸いです。ではではー。

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

ハピネスさん、こんにちは。返信おそくなりました><
GWは大阪に遊びに行ったりしてました。
しかし5月は全体的に不調で大変でした~><やっとよくなってきたところです^^
延長コードスイッチいいですよ~なにかと便利に使えそうですね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター