アルバムとか映画感想とか。


 最近、ウルフルズの「ええねん」「9」というアルバムを良く聞いています。感性が合わない歌も少なくないのですが、合う歌はとても良いです。特に応援歌はすごく励みになりますし、ラブソングも想いがストレートに伝わって胸にきます。「手をつないで」という歌がお気に入りです。スコア買ってこようかなぁ。
 もう少し音に厚みが欲しいと思わなくもないですが、トータス松本の声がそのあたりを大きくカヴァーしてくれているように感じます。「ええねん」「バカサバイバー」などの歌は落ち込んでるときに聴くと「フッ」と笑いが出ていいです。関西弁がどうしても駄目という人以外にはオススメです。

 先ほど、「星になった少年」を観てきました。地元では明日公開終了とのことだったので、なんとなく気まぐれに映画館へと足を運びました。昨年出来たジストシネマは自宅から10分とかからないのが有難いです。物語が飛びすぎたりテンポが悪かったりしましたが、物語はなかなかよかったです。柳楽優弥くんの演技は期待を上回らず、「まだまだこれから」という感じはしましたが、それを補って余りある「顔面力」とも称すべきチカラがとても魅力的でした。今後の活躍に期待大です。
 題名からラストの展開が想像できていたのに、やはり涙ぐんでしまいました。実際の出来事は詳しく知らないのですが、志半ばとはいえ、やりたいことをやって生きた小川哲夢くんは幸せだったろうと思います。かく生きたいものです。

 よし、少しずつだけど、元気が出てきた感じがします。この状態を維持したいです。3~4日の間また東京に発ちます。坂の多い街目黒に行く予定です。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター