【仕事】我孫子武丸さん著「裁く眼」の扉絵を担当しました。

sabakume01.jpg

別冊文芸春秋で連載中の我孫子武丸さん著「裁く眼」というミステリー小説の
扉絵を担当させていただきました。

本作は法廷画家の青年が主人公で、事件に巻き込まれていくという物語なのですが
「法廷画家って実際どんな感じの仕事なのか」と我孫子さんに取材を受けたことが
キッカケとなりました。ご縁に感謝です。

sabakume02.jpg

内容的にも法廷画風なタッチを求められたのでこういう感じになりましたが、
実はこういうリアルタッチの絵の仕事は他にもいろいろと手がけておりまして
後々紹介していけたらと思います。
ホームページのギャラリーも気づけば古い作品だらけだし、なんとかせねば!

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター