一大決心


を致しまして。

以前より東京の中野区にある友人H宅の一角に
機材を持ち込んでは「東京事務所オープンしました!」
とか言ってたんですけど、
それじゃ全然独立してることにならないよな、と
前々から思っておりまして。

今年4月から、小さいながら東京に部屋を借りることにしました。

今回の上京は不動産屋さんを廻ることが
ひとつの大きな目的でした。

足を棒にして探したのは23区から少し外れたK市。
中央線が便利なので
友人H宅のある中野から三鷹くらいまでを想定して
さがしていたのですが、三鷹の不動産屋さんで知った
K市の格安さに愕然。都心から離れるとこんなに
違うものかと改めて知りました。

考えてみれば別に都心に住む必要性って無いんですよね。
毎日通勤するわけでもないし。
居住性と価格重視で検討したら結構いい物件がざっくざく。
優柔不断の僕はなかなか即決できなかったのですが、
ここ数日迷ってようやく入居申込書に印をついたのでした。

考えてみれば初めて中野の友人H宅に訪れてから
早7~8年。その間、「別にこの部屋好きに使ってイイヨ」という
友人の好意に甘えまくって上京の際はいつも世話に
なりっぱなしでしたが、ようやく本物の「東京事務所」と
呼べる場所を作れそうです。

しかし、友人Hの好意には本当に感謝です。
彼が居たから今の僕があるといっても過言ではないです。
いつかこの借りは必ず返すね。
今度中野でジンギスカンでも奢るよ。(←ってそんだけかよ)

祖母のことがあるので月の半分は和歌山にいますから、
あくまで「事務所」的な使い方になるかと思うのですが、
僕も友人H同様、人を気軽に招きたいと思います。
僕の友人、知人の方で、東京のイベント行きたいけど、宿が無いとか
同じ地方のイラストレーターで、なるべくローコストで
東京に泊まりこみ営業に行きたいとか
言う人がいれば、この部屋をオープンにしたいと思っています。

僕は友人Hのこういう好意にずいぶん助けられたので、
僕もこういう形で人を助けたいと思います。
月の半分も空き家にするのはもったいないし、防犯上も
よくないですしね。

また詳細決まればここで報告したいと思います。
しかし、東京でもらってきた風邪がまだ完治しない・・・。
一度風邪になると長い僕なので、はやくよくなりたいです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

榎本よしたか

Author:榎本よしたか
フリーランスのイラストレーター兼法廷画家です。書籍やテレビ番組用に絵を描いています。アコースティックギターと歴史雑学が好きです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター